دليل تركيا
دليل الشركات - أخبار تركيا - سياحة وسفر - فرص عمل - العلاج والتجميل

RMEで愉しむオーディオ・リスニング » RME ADI-2 Proで聴くAudirvana Plusの使いこなし

81

Looking for:

Audirvana sysoptimizer 自由

Click here to Download

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

その前に、手持ちにSHUREの SRHA がありますからこれでも試してみましたが、「これがあのSRHA? この2つの基板は用意されたコネクタで相互接続することで余計なケーブルの取り回しをすることなく、USBケーブルでパソコンに繋ぐだけでヘッドフォンアンプ兼DACとして使うことができます。 このシンプルさとエコさがまずは魅力かと。. この状態でまず初めにヘッドフォンアンプを試してみました。 気になるギャングエラーですが、それなりにはありまして、ボリュームの最小位置を0時として捉えると1時くらいまでは左がやや小さめです。 なおボリュームノブは付属しないので、適当なものを用意したほうが良いでしょう。. 手持ちのヘッドフォンやイヤフォンで聴いてみましたが、やや平面的で深みが不足しがちなものの、ノイズは非常に少ない聴きやすい音です。 ちょっと喩えは悪いですが、iPod nanoのイヤフォン出力みたいな傾向の音色でしょうか。 高域の情報量は比較的多いんですが、本格的なヘッドフォンアンプを使っている方からすると低域不足を感じてしまうかもしれません。.

また音からは離れますが、合体させるコネクタ部は平面的な構造ですし、基板がむき出しで使うには多少強度やうっかり外れる不安があります。 専用ケースも出ていますが、かなりそこそこのお値段ですし、ここはあえてコネクタを使わずに同軸デジタルケーブルで繋ぐのを試してみることに。. この場合、DACには電源が供給されませんから、microUSB端子から給電してあげる必要があります。 ちなみにNo. QEDの同軸ケーブル経由にすることでいくぶん明瞭になったような印象はありますが、かえってヘッドフォン出力の粗が見えたような気もしますし、低域の薄さに大きな変化はなく、これはもうこのDDCやDACの音傾向と思ったほうが良いでしょう。 試しにLINE OUTからALO Audio The Nationalにステレオミニ-RCAケーブルで繋いで聴いてみましたが、こちらでもやはり低域は薄味だと感じます。 あえて付録に厳しい視点でレビューするなら、中低域以下の分解能がやや低いようです。 電源がUSBバスパワー経由やスイッチングアダプターで5Vだというのもやはり影響してくるのかもしれません。 ALO Audirvanna.

気を良くしてプレーヤーをiTunesからAudirvana Plusに切り替え、いつも試聴に使っている音源を聴いていくと、やや狭帯域ながら狭いなりのまとまりはあるなと感じます。 良く言えば静寂感がありますし、耳障りが良く、キツさがなくて聴きやすいサウンドです。 付録だという点を全く加味せず、全く同じステージで評価しているからどうしても厳しいレビューになりがちですが、エントリークラスのCDプレーヤーと同等以上くらいの性能はあるんじゃないかと。. その上であえて弱点を挙げるとすれば、ピアノがもう一つ再現しきれていなかったのが残念なところでした。 チェロなど中域から中低域にかけては聴きやすく歪の少ない素直なサウンドで好感が持てるものです。 ただし、重低音の振動みたいなものを期待すると、さすがにそれはちょっと無理があるようです。. なお今回は一台のみですから試しませんでしたが、このパワーアンプ、バイアンプ駆動も考慮されていて、基板上のジャンパーで切り替えて左右それぞれに別のTW-STPAMPを使うことも可能です。 我が家は普段、左右ではなく低域側と高域側で2台を使ったバイアンプ接続になっていますが、セパレーションや音色の統一性という点では理になかったバイアンプ駆動方法と言えるでしょう。.

一聴してまず感じたのは、わりと普段に近い音だなと。 輪郭が締まっていて、高域が普段よりややガラスっぽい硬質さがあり、低域はやはりやや薄味ですが、パワーアンプだけに味付けは薄いようです。 ただ、曲のジャンルによっては普段よりも中高域にキツさが出るケースもそこそこありました。. また、これがちょっと独特な雰囲気なんですが、低域がやや遅れて付いてくるような印象を受けるケースがあるんですよね。 SCDSでパワーを引っ張りだすために遅れが生じている!? なんてことは理論上から考えてもなさそうですけど、少なくとも聴感上はそう感じる部分があります。 なんらかの理由で、低域のダンピングファクターが低くなっているのかもしれません。. 反面、中高域から高域にかけては情報量重視の現代的なもので、その点では普段のLINN黒箱とは方向性を異にするものです。 最新のポータブルオーディオに馴染んだ人に馴染みやすそうなサウンドという気がして、なぜかBAタイプのカナルイヤホンが浮かぶような印象なんですよね。 同様にポータブルで言うなら、ALO Audioのポタアンに対するiBassoみたいな感覚とでも言いましょうか。.

これはNANO-UA1の時に感じたことですが、かなりクセの強いDALI Royal Menuetの個性がコントロールされた印象で、まるでELACになったのかな、というような鳴り方をします。 そうは言ってもプリにLINNを持ってきていますから、好みとしてはだいぶ自分の世界観に近いんですけども、やはりOlasonicらしさが反映されたパワーアンプなのだなと感じた一面です。 ただ、DDCやDACと比べると、ぐんと製品レベルに近い印象を受け、それこそACアダプタまで付属してパワーアンプとして完結していることを考えると、かなりコストパフォーマンスは高いと言えるかと。 それなりのプリアンプやDACと組み合わせられるだけの実力は備えていると思います。 ただ、DAC同様、低域に関してはどうしても多少の不足は免れないので、コンパクトなシステム構成で行くか、それこそバイアンプ接続まで強化したほうが良いケースもあるかもしれません。.

サウンド全般としては現代的なもので、薄味の表現ではあるものの、解像度はかなり高いと言えそうです。 先程も書きましたが、スピーカーじゃなくカナルイヤホンで聴いているような気分になるほどです。 それが裏目に出るケースもやはり多少あり、J-POPなどの一部では、いわゆる、刺さる感じが出て煩く感じるケースもありました。 クセがないと言いつつ、若干ながら中高域にクセがあるのかもしれません。 いわゆる「Hi-Fiチック」なまとまり方で、何度も書くようですが私の普段のシステムが「いぶし銀」のような黒箱ですので、それと正反対の世界観なのは仕方のないところでしょう。.

反面、さらっとした表現は得意で、穏やかな曲調ではBA型のような抜けの良さを感じることもできます。 呼び方としてふさわしいかどうかは分かりませんが、やはり「NANOCOMPOのサブセット」であって、いわば「PICOCOMPO」といった風合いでしょう。 これで興味を持ってもらって、ぜひ NANO-A1 や Mariage などにステップアップしてもらえれば…と、私も たぶんメーカーさんも 感じた試聴でありました。.

Accuphase からAB級のモノラルパワーアンプ「M」が4月下旬に発売されるそうで。. A級の A のABクラスバージョンという雰囲気ですが、メーターは不評だったのか針に戻してきましたね。 AはMOS-FETですが、こちらはトランジスターと、それぞれに求められる方向性を意識した構造で、スイッチ切り替えで対応できるような内容ではないというところを主張しているかのようです。. お値段は1台90万円と、昨今の値上げが続くオーディオ界では意外に安いなと感じてしまうから怖いところです。 私自身は過去にPを使ったことがある程度で、モノラルパワーアンプは未体験ですが、このクラスのアンプでバイアンプ駆動とか、A級でBTLとかやったらさぞやスゴイことになるんでしょうね。 お値段も….

パワーアンプ 【Accuphase】 P 【中古】. 中古品 全品安心の6ヶ月保証! 正直言って全く知らないブランドでしたが、どうやら年にソルトレイクシティにできたブランドだそうで、DJ用途とかそういう雰囲気の路線みたいです。 作りは結構良さそうですし、なにより完全未開封だったので、お値段も安かったこともあり、これは入手して試してみる価値はあるだろうなと。. ミニ-標準変換プラグも付いてますし、ケーブルの途中にボリュームも付いてますが、ボリュームのほうはちょっと余計かな、という気もしますが。 音質的には思ってたよりはかなり良い印象なんですけど、如何せん全体的にこもってる感じがかなり強いです。 少しエージングしておくとだいぶマシになりましたが、それでもユニットからのサウンドはそこそこ純度が高そうなのに、何処かでフィルターでも掛かったような感じが…。.

その正体はおそらくこのケーブルと同じような色のメッシュシートみたいなものだろうと見当をつけて、この際、取り除いてしまおうと。 こういう大胆なことができるのも格安でゲットしたから、なわけですけどね。 もちろんまずはイヤーカバーを取り外してみて、その状態で聴いたらかなりイケそうだと判断したから、でもありますが。. これで高域はダイレクトさが増しましたが、低域はまだハウジング鳴りのような印象が残ります。 перейти на источник. 高域はほとほどに鮮度を保ちつつ、低域もしっかりしたバランスのある音に変わってくれました。 もうメーカーさんが想定していた音色とは全然違う方向になってしまったんでしょうけどね。 改造すると愛着も湧いてくるわけで、これなら普段使いにも十分、AOL Audio The Nationalで鳴らせる気分になりました。 手持ちのイヤフォンと使い分ければ、これで本命のヘッドフォンはよりのんびりと選定できるなと思ってるところです。.

両モデルの大きな違いは光学ドライブで、KXはVRDS-NEOの「VMK-5」を、KXはVOSPメカ搭載とのこと。 お値段を考えるとKXが魅力的かな。 というのもKXは,円 税抜 と、前モデルの「 K 」の39万円からそれほど上がってないですからね。 エソテリックといえばやっぱりVRDSかな、という気もしますが、違いはドライブとトランス程度のようなので、58万円のKXとの差額をどう考えるかでしょうか。. 故障時の対応はまだAccuphaseのほうが良いという印象がありますが、保証期間は延長されましたし、最近のエソテリックも一度ちゃんと聴き直してみたいなと思ってみたり。 いや、買えそうな目処は全く立たないんですけれども…。.

ALO Audioといえば先日アナログポータブルヘッドホンアンプの「The National」をゲットしたばかりですが、今度はUSB-DACの「 The Key 」をゲットしてみました。. そしてビックリするくらいコンパクトなサイズになっているもう一つの理由でもあろう点がヘッドフォンにも一切対応していないというところです。 少し膨らんだ本体部分にステレオミニジャックが用意されていますが、これはあくまで2VrmsのLINE Источник статьи ヘッドフォンで楽しみたい場合はThe Nationalなどにミニ-ミニケーブルでつないで楽しんでね、というALO Audioらしい製品なんですね。. 早速、Mac mini本体のAcoustic Audirvana sysoptimizer 自由 RUT-1 の隣に空いたUSB端子に接続してみますが、見事にコンパクトなサイズで全く物理的に干渉することなく装着できました。 ステレオミニ-RCAケーブルは手元にソニーのごく普通のOFCケーブルしかなかったので、とりあえずそれでメインシステムに接続です。.

さて、気になるサウンドですが、アップサンプリング無しの素の音は高域にやや伸びがないですが、非常に艶のあるALO Audioらしいサウンドです。 ちょっと無理がありそうなベト7でも低域の量感は十分あり、十分に聴かせてくれてビックリします。. それにしても、これまで長短両面だったアップサンプリングですが、このThe Keyに限っては圧倒的に良く感じるのは32bitというのが効いているのか、それともDACチップの特性的なものでしょうか。 先ほども書いたとおり、PCMAはPCMに特化してあるらしいですし、ハイレゾで入れたほうが特性が良くなる傾向があるのかも、と勝手に推測しています。 付属の簡単なスペック表にもkHzでは周波数特性が「kHz」となっていますしね。. 次にメインシステムから外して、ALO Audio The Nationalに接続してみます。 こちらもケーブルは長さ的に先日のPC-TripleCでは短すぎるので、その辺に転がっていたよく分からないOFCケーブルで接続です。 まずはSIEGE Audioのヘッドフォンで軽く鳴らし運転ですが、これでもiPod nanoやiPhoneからとはずいぶんな違いを感じさせてくれます。 低域の深みが全く違うんですよね。 とりわけ32bit拡張の効果が大きいようで、試しに24bit制限してみると低域の深みになぜかだいぶ差が出ます。 kHz制限は一聴するとさほど影響はないようですが、高域の艶はやはりkHzのほうが良い感じです。.

続いてSHUREのSEにしてみると、こちらはより明瞭に差が感じられ、The KeyとThe Nationalの相性の良さがハッキリと分かります。 同じメーカーの純正組み合わせみたいなものですから当然なんでしょうけどね。 こちらでもkHzアップサンプリングのほうが明らかに良くて、やはり高域の艶に差があり、臨場感も増す傾向です。 全体的にはALO Audioらしいアナログ的な表現の上で、重厚さと深みがうまく演出されているようです。.

不思議なことに、アナログレコードと通じるものを体が感じ取るのでしょうか。 The Keyで音楽を聴いてると自然にうたた寝してしまうんですよね。 見た目からしてもエンスージアストな高級感を感じるものではないのですけれど、聴いていてとにかく「音楽が楽しいDAC」だなと。 ALO Audioはどうやら音楽の楽しさがよく分かっているようで、少なくとも私の好みに合っているらしいことがハッキリと認識できました。 海外では据え置き機のヘッドフォンアンプやフォノイコライザーも出していますし、ぜひ据え置きのDACも出して欲しいところかも。 お値段的に手が届くかがちょっとどうかな?とも思いますけどね。. ちなみにこのThe Key、その思い切ったシンプル機能ゆえか、かなりお値ごろになってるケースもあるようなので、うまくそういうのを見つけてゲットされると良いかと思います。 ただし、ミニプラグだからといってヘッドフォンで直接は使えないのですし、バスパワーの消費電力からCCK経由iPhoneでもそのままでは使えませんから、その点はうっかり勘違いなきように。.

Q Acousticsから新たなスピーカー群、シリーズが3月上旬から 国内投入 リンク先:PDF されるそうで。. Q AcousticsというとQEDと同じグループということで私も注目していますが、それ以上にそのコストパフォーマンスの高さで密かな人気です。 逆に試聴できる場所がほぼ皆無というのが難点なんですけどね。.

色によってお値段が違うというのもiと同じですし、おそらく安いモデルは実質「紙」みたいな表面処理なんでしょうけれど、そのサウンドはWhat Hi-Fi? などでも高い評価を得られています。 ホント、あとは試聴できる仕組みがあれば、もっともっと人気になると思うのですが、貸出するにもスピーカーでは搬送コストが占める割合が大きいですしねぇ。. ALO Audio The Keyが思いのほか良かったので、今のSONY OFCケーブルからもう一歩グレードアップしたいなということになりました。 というわけで久しぶりに海外輸入してみることに。.

徐々に高くなっていく順に載せてみましたが、ブランドとしてはAudioquestかQED、Wireworld、それにAtlasに絞りました。 為替レートが上がってしまったので以前ほどのお買い得感はやや薄く、特にAudioquestは店舗のあるイギリスのブランドではないので、国内購入と大差ないか逆転現象もありそうです。 WireWorldは一度インターコネクトケーブルで使ってみたいブランドなんですけど、これもアメリカですし、ここのは古いものだと半額になるケースもありますからねぇ。. взято отсюда 定評があるのはPerformance J2Pみたいなんですが、それだとやや面白みに欠けるかな、という気もしましたし、国内代理店での取扱もありますから、最終的にそれ以外の2種類のうちから選んで注文。 どちらにしたのかは届いてからのお楽しみ、ということで、いつものロイヤルメール 送料は円 での発送ですから、遅くて1週間後くらいには到着するのではないかと楽しみに待つことにします。.

ホームオーディオ・パーツ類 Wireworld Luna 7 Audio Audirvana sysoptimizer 自由 3. Unique Melodyと代理店のMix Waveが共同開発したハイブリッド型のユニバーサルイヤフォン「 MAVERICK sysoptimizeer. 私がALO AudioのThe NationalやThe Keyを買ったことから思い立ってコンタクトさせてもらい実現した貸与でして、10日間弱ほどお借りしてレビューさせていただくことになりました。. Unique MelodyはいわゆるカスタムIEM インイヤーモニター を主体として著名なブランドですが、各国向けに合った展開をはかっていこうということになったんだそうで、その流れから日本ではあえて誰でも試聴可能なユニバーサルモデルをとなって開発されたのがこの「MAVERICK」だそうです。. 私自身はシングルBAやダイナミック型の廉価なモデルしか使ったことがありませんが、こちらのMAVERICKは低域にダイナミック型とBAが1つずつ、中域が1BA、高域が2BAの4wayクロスオーバーという構成です。 それだけにかなり大きめな筐体なんですが、これは最新の3Dプリンティングシステムで作られているんだそうで、見た目もとてもキレイですし、装着感もさすがIEMをやってるだけあって非常にしっくり来る印象です。.

充実した低域ユニットからくる揺れるような重低域でもハウジングの箱鳴りは全く感じられませんし、それ以前に、耳に吸い付くような装着感がさすがという印象を受けました。 編み込まれたケーブル自体はやや長い印象ですが、ガサガサする感じもないですし、いわゆるSHURE掛けもやりやすかったです。 なお、コネクター部はカスタムモデル同様の2ピン仕様でリケーブル可能となっています。. 実はポータブルヘッドホンアンプもいっしょにお借りしてるんですが、それはまた後日触れるとして、MAVERICKを聴いて最初になぜか浮かんだのはTHIELのスピーカーでした。 往年の名機という感じですが、マルチwayながらつながりが非常に良く、今のトールボーイスピーカー主流の走りにもなった、あのブランドをふと思い出したんですよね。.

ダイナミックとBA双方を組み合わせたという低域は、想像から浮かぶほど量感重視ではなく、むしろ質を重視した良質なものです。 aucirvana ただ、それぞれの帯域のつながりは非常に滑らかで、良質なマルチwayスピーカーを聴いている気分です。 そうした点もTHIELを思い浮かべた理由なのかもしれません。. 私の愛用しているThe Nationalとの組み合わせでは、据え置き機で使っているLINNの黒箱のようなThe Nationalの味わりをしっかり活かした鳴りを聴かせてくれ、クラシックの厚みと空間的な広がりを感じることができます。 高域がガラス質なのはやはり多少はBAらしさを感じますが、低域は厚みと深みがあるものになります。 あえて言えば多少ケレン味のあるサウンドになりがちなThe Nationalですが、MAVERICKの中域に充実感があるので嫌味に感じず、むしろ情報量の多さで音楽を楽しませてくれます。.

ピアノでは右手方面はやや硬質なものの、透明感のある方向の演色です。 また、私が愛聴している川江美奈子さんの楽曲「piece」では、普段メインで使っているATOLLの鳴り方に似ているなと感じました。 刺さりはしないが、やや輪郭がシャープに音が展開する方向性で、現代的な趣きです。 продолжение здесь 逆にMAVERICKから手持ちのイヤフォンに戻した時の「がっかり感」が恐怖なくらいです。. また、普段は評価の厳しい妻の紗羅も今回は非常に高評価でして、あえてiPhone単体でも聴いてみたようですが、これでも十分以上に聴かせてくれます。 もちろんそこにポタアンを足せば、さらに別世界が待っていて、ポータブルの奥深さもひしひしと体感させられたようです。. 今回のところはMAVERICK単体でまとめますと、中域から中高域の透明感を求める向きには非常にオススメではないかと感じました。 低域もボンつく感じが皆無で、もっとしっかり深くゆったりした重低域が自然で爽やかな路線だと感じる、「さすが!」という逸品です。 今後はいっしょにお借りしたポータブルヘッドホンアンプや手持ちのいろんな音源と組み合わせながら、時間の許すかぎりレビューさせてもらおうと思います。.

ハイブリット型のユニバーサルフィットモデル【ポイント10倍!】UniqueMelody ユニークメロディ…. 計12機のドライバーを搭載【ポイント10倍!】UniqueMelody ユニークメロディ MASON(UNM….

Cypher Labsのアナログポータブルヘッドホンアンプ「 AlgoRhythm Picollo 」をお借りしたので、何度かに渡り、レビューさせてもらおうと思います。. なお試聴は、いっしょに お借り したイヤフォン「 Unique Melody MAVERICK 」を中心に実施しましたが、手持ちのSHURE SE、茶楽音人 Donguri-鐘なども交えながら、今回はPicollo単体としてのレビューとして書いていきたいと思います。.

нажмите чтобы узнать больше 背面もしっかり厚手の筐体で覆われていて、いかにも頑丈そうですが、重量はコンパクトさもあってgとそこそこ軽量に仕上がっています。. アナログ専用ということで入出力や操作系は全て前面に集まっていて、The Nationalと違い、電源スイッチもボリュームと兼用になっています。 このボリュームがやや独特で、最初ガリオームがあるのかな?と思ったのですが、どうやらゲインコントロールのようなことをやってるのか、小音量の時に回すと両chからボソボソとしたノイズが入ります。 また、高感度なIEMで聴くと、最小位置でも若干の音漏れがあるのが分かりました。.

さて早速、そのサウンドを聴いていきますが、まずは手持ちのThe Nationalと比べてみますと、とにかく素直です。 どこかを強調するような感じは全くなく、最近の高級ポタアンっぽい方向のまとまり方だと感じます。 むしろThe Nationalがちょっと特殊で、アンティークな雰囲気もうまく取り入れてある傾向ですが。. しばらく聴いて感じるのは、楽器の分離が良く爽やかである点と、圧縮音源などどんな音源でも嫌味なくまとまりの良いサウンドで聴かせてくれるというところです。 ここで音源をiPod nanoからiPod classicのDockケーブル接続に変更しましたが、これだとさらにその傾向が高まります。 Dockケーブル経由だと音質差がやはり相当あるのだなというのも明瞭に判るアンプですし、低域の充実度に大きな差が出てきます。. それなりに高音質なDAPで楽しむと、まるで「音の庭園」のような世界がそこに広がります。 高域から低域までホントに素直で、手入れの行き届いた庭のような美しさと淡麗さを持っています。 もちろん狭い箱庭的なものではなく、そこに広がりがあり臨場感を伴うもので、正直、The Nationalがやや「作り物」っぽく感じてしまうほどです。.

なによりジャンルを選ばず、音源の質を選ばずに底上げしてくれつつ、差はハッキリと分かるというのが良いですね。 あえて言えばポップスやロックのような元気がある楽曲や、高域の透明感があるジャンルのほうが得意で、クラシックでも重々しく影のあるようなものはやや苦手という傾向はありますが、ほとんど不得意はないと言っても良いでしょう。.

とりわけ個人的には、古いアナログ音源が良好に聴けるのがうれしいです。 これまで散々聴き飽きるほど聴いた楽曲もまた新鮮な気分で楽しめるというのは、Picolloのサウンドが魅力的な証拠だと思いますし、あえていつも聴くのとは違うジャンルすら色々聴きたくなる魔力を持っています。. 色々書きましたが、まぁ要は簡単にいえばオールマイティーなんですね。 MAVERICKを中心に試聴しましたが、MAVERICKの複雑なマルチwayっぽさが薄まり、まとまりがより良くなるのも、帯域ごとにクセが少ない証拠でしょう。. それでもあえて欠点を挙げるとすればボリュームの品質でしょうか。 ゲインコントロールのノイズだとは思いますが、できれば電源スイッチと共用でないほうが良いのではないかと感じます。 なお、ギャングエラーは最小音量からほとんど感じることはありませんでした。. 総合的に見て、とても素直で、聴きこむほどに良さがにじみ出てくるポタアンです。 お値段もアナログ専用としてみるとそれなりではありますが、私自身はDACは日々の進化もありますし、アナログ部分こそが音の要だとも感じていますので、その点でもPicolloは投資に値する素晴らしいアンプだと思います。.

Wadiaからデジタルパワーアンプ「 a 」が発売になったそうで。. オーディオマニアは雑誌やオーディオアクセサリなどに騙されやすいと考えられがちですけど、実際にはそんなに単純ではなく、一度くらいは騙されてもその後、実際に使い込んでいけば「あれはもう二度と買わない!」となるわけで、本気で作らないとブランドイメージなんてすぐに吹き飛んでしまうものだと思います。 いや、今回のWadiaがホントにそういう製品かどうかは聴いてみないで評価はできないんですけどね、一般論としてそういうものだなということなのでありました。.

アップサンプリングしないと発生しないようなので、おそらくUSBドロップアウトかなぁと、まずは情報集めをしてみました。 Macには「供給電力の高いUSB」とそうでないものがあるらしく、それが影響することもあるらしいので、差し込むUSBソケットを変えてみましたが、これは変化ありません。 なお、The Keyの必要な電流はmAで、たしかにかなり多めではあります。. ACOUSTIC REVIVEのUSBターミネーター「 RUT-1 」も念の為に外してみましたが、これも音飛びには関係ありませんでした。 ちなみに音質もさほど大きく変化はないですが、低域がやや薄くなったように感じる程度でしょうか。.

残念ながらこれも全く変化なしです。 他にもHDDのスリープ設定を解除したり、Audirvana Plusのプリロードの量をMBからMBに変更したりしましたが、これも効果ありませんでした。. そして、次にAudirvana PlusのSysOptimizerをオフにしてみると、あれ?どうやら飛ばなくなったようです。 SysOptimizerはプロセスの優先度やSpotlight、Time Machineの停止、USBデバイス認識の停止などをする機能です。 ちなみにUIの好みの関係で今でもAudirvana По этому сообщению. xを使ってるんですが、これをオンにしてあってもYosemiteだとSpotlightこそ効かなくなるものの、Time Machineは勝手に動いてますし、iPhoneなども認識するようで、元々動作がおかしくなっていたっぽいんですよね。.

一応原因っぽいものが分かったということでSysOptimizerをオフにした以外は元に戻しておきました。 ただ、何度かiTunesでも同じ現象が起きた気がするので、だとすればSysOptimizerだけが原因ではない可能性もあります。 音切れは再生し始めの4分くらいに一瞬だけですから、これ以上はあんまり気にしすぎないようにしましょうかね。 他のUSB-DACで似たような現象が起きている方の参考になればと、一応書いてみました。. Unique Melody のイヤフォン「 MAVERICK 」ですが、音源を ALO Audio のThe Keyとし、アンプをお借りしている Cypher Labs の「 AlgoRhythm Picollo 」と手持ちの「 ALO Audio The National 」に交換して、さらに深く試聴してみました。.

iPod nanoやiPod classicからパソコン経由の「 The Key 」にしてみると、Piccoloの素直さがより出てくる印象で、どこかを欲張った感じが全くないのを痛感します。 iPod classicと比べるとやはりといいますか、当然ながら音の厚みに大きな違いがあります。 その代わり、音源の音質差は明確に出てくる印象です。. ちょっと余談になりますが、かの名盤「Waltz for Debby」で有名な地下鉄の音もしっかり聴き取れました。 低域方向ではパイプオルガンのアルバムで、普段聴いているスピーカー「Royal Menuet II」の通常再生音量では残念ながら聴き取れない低域がしっかり出てくるのが印象的です。 スピーカーにすれば、軽く25cmウーファークラス以上はあるということでしょう。.

ダイナミックとBAのダブル構成の低域ユニットが効いているのでしょうが、イヤフォンに詳しくないオーディオ好きの父にこのイヤフォンの話をしたら、「ネットワークはどうなってるんだろう?」と気にしていました。 公式サイト上は「4ウェイ・クロスオーバー」と書かれていますが、その詳細は不明です。 イヤフォンのステムの中には3つのパイプのようなものが見えるので、アコースティックなフィルタも駆使されているのだと思われますが、スピーカーのように大型のネットワーク回路を搭載せずにこのつながりを実現しているのはスゴい技術だと感じます。. 他にもいろんなジャンルを聴いてみましたが、iPodの時と大きく印象が異なってくるのはジャズで、PicolloとMAVERICKの双方が躍動感と静寂さを両立しているおかげもあって、非常に楽しく弾むように音楽を楽しめます。 ウッドベースの胴体の鳴りがしっかり楽しめますし、ハイハットのキレも良く、良い意味で大型マルチwayスピーカーっぽさを感じるものがあります。.

больше информации むしろ良質な音楽を独り占めして楽しむための素敵な空間を提供してくれるという点で、他のアウトプット機材に勝る面も多々あるのだと感じた試聴でした。 最後になりますが、貴重な機会を与えてくださった ミックスウェーブ 様に感謝です。. 私もこのタイプのケーブルが欲しいなと思っていますが、それはもうちょっと長いものなんですよね。 短いのは今使ってるAudio CreationのPC Triple-Cので結構満足してます。 もちろん、ALO audioを複数使う身としては気にならないわけではなく、だからこそここでも取り上げてるわけなんですけどね。.

おそらく10cmそこそこの長さと思われるケーブルですが、お値段はどうやら実売で3万円台中盤だとか。 据え置き機のケーブルも結構なものがありますけど、ポータブルは短いからなおさら高めに感じますね。 ただ内容はなかなか凝ったもので、銀泉と銀メッキ銅線を各4本ずつ使ってあり、マイクロフォニックノイズを防ぐデザインがなされているんだとか。. ちなみに話題が逸れますが、ALO audioを「アロオーディオ」と表記しているところもあって「あれ?そうなの?」と思ってたんですが、国内代理店には「エーエルオー オーディオ」という記載が。 そもそもALOの意味はどこから来てるのかも分からないんですよね。. 他にもソニー向けの「 SXC 24 Headphone Cable — Audirvana sysoptimizer 自由 — Sysptimizer Plug 」やMMCXリケーブルの「 SXC 8 Earphone Cable — MMCX — 3. 高級ケーブル揃いの同社ですが、このTUNDRAは意外なほど廉価で、それだけに作りも結構安っぽいんですよね。 それでちょっと躊躇していましたが、紗羅のほうの電源周りを強化したいのと、やっぱりワイヤワールドは好みにハマるのでは?ということでお試し感覚で。 コンセントの一つに欠けがありますが、なにせ6口ありますから、これまでのORBからの乗り換えでは余裕もあり、そこは使わないようにしておきました。 そのうち、開腹してみてコンセントが交換可能かも調べてみたいところですが。.

まずはATOLLから軽く鳴らしてみると、だいぶ軽快な感じになっていて、高域の伸びが良いですね。 透明感が上がり、歪みが減った印象があります。 ORBは正直イマイチ改善効果が私の環境では体感が薄かったのですが、タップ前後の電源ケーブルがWireWorldということもあって、こっちのほうが相性が良い面もあるのかも。. 気を良くして、SONY CDPESDもShelterからこちらに移動させてみました。 こちらも静寂感が上がり、歪みが減ったように感じますし、なにより「上品になった」という印象が強くあります。 他にも例えば、女性ボーカルのキュートさが表現されるようになったりと、些細な機微が現れやすくなったように感じられます。. さらに、ATOLLでも尖った感じが減り、耳障りな印象が薄まりました。 一音一音の分離が良いからか、バックボーカルが明瞭になりましたし、低域がドンと出るような場合に、同時に出る中高域が濁らないのが印象的です。 全般に音の出方が素直なのは作りがシンプルだから、というのもあるのかも。.

で、逆にこれまで使っていたORBの電源タップは紗羅のシステムのほうに移動させました。 こちらはオーディオテクニカの相当古いタップを使ってたので、安全性向上にもなってるでしょう。 タップまでの電源ケーブルはこれまでのWireWorldではなく、ACOUSTIC REVIVEのPOWER MAXにしました。 このケーブルの効果もあってか、こちらも純度が高まって、高域の冴えが出てきました。 電源タップごときでこんなに違うの?と、私でも思うんですけどねぇ。. USBターミネーター: ACOUSTIC REVIVE RUT-1 Audirvana sysoptimizer 自由 ACOUSTIC REVIVE USB この構成、たまにこうやって書いておかないと、自分でもどうなってたか分からなくなっちゃうんですよね。 相変わらず機材に比してアクセサリにコストを割きすぎなんですけど、機材は秋以降ちょっと環境の変化もあるかもしれないので、それ以後に考えたいなと思ってるところです。.

audirvana sysoptimizer 自由 Cを使ってあるそうで、6口の縦長のデザインは使いやすそうですね。 以前、同社のTap Mateがアウトレットで安くなっていて迷ったんですが、あれを買っておけば良かったなぁ。 というのも今回のは内容こそ素晴らしいものの、お値段は49,円 税抜 とやはり流石と言いますか…。 実はこの発表を見て、WireWorldのTUNDRAをゲットするのを決めたんですけどね。. audirvana sysoptimizer 自由 Cが使ってあるというのは魅力的ではあります。 Tap Mateのアウトレット品と比べるから高く感じますが、Tap Ecoとならそれほど差はないし、口数が多いからむしろ安くなってるわけですし。 ちょっと感覚が麻痺してます。. あと、これまでのTap MateなどはHUBBELLのだと思しきデザインのでしたが、今回のは全く違うタイプを1口ずつ横向きに配置してあるので、大きな端子でも干渉しなくて使いやすそうです。 我が家ではさすがにもう電源タップは不要そうですけどね。.

 
 

 

Audirvana sysoptimizer 自由

 

Николь расхохоталась. – Мариус, с ее слов, что я выздоровела. – В нашем колледже в Арканзасе я играл Марка Антония, чтобы нас не заметили, папа. – Этот тип понимает лишь силу.

 
 

التعليقات مغلقة.

محادثة واتسأب مباشرة
هل تريد المساعدة؟
مرحباً ...
هل تريد المساعدة؟
تواصل معنا مباشرة عبر الواتسأب.